「改造」

改造

大正8年、山本実彦が創刊した総合雑誌。3号までは売れなかったが、4号から秋田忠義と横関愛造が編集の主導権をとり、社会主義思想を大胆に取り入れて売れ上げを伸ばす。賀川豊彦、河上肇、山川均ら思想家の他、幸田露伴谷崎潤一郎志賀直哉広津和郎川端康成ら文学者も執筆陣に迎えた。共産主義的であると弾圧を受け(横浜事件)、昭和19年廃刊。戦後復刊するが、昭和30年再び廃刊となる。参考サイト:ウィキペディア/「改造」→

※上の写真の被写体は公表後50年をへているため、著作権の保護期間満了と判断しました。 出典:『改造社と山本実彦』(南方新社)

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→