{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

多様な生活と思い(大正5年8月29日、折口信夫、『口訳万葉集』の「はじめに」を書く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『口訳万葉集』を出した頃の折口信夫 ※「パブリックドメインの映画(根拠→)」を使用 出典:『口訳万葉集(上)』(折口信夫 中央公論社)

 

大正5年8月29日(1916年。 折口信夫おりくち・しのぶ (29歳)が、「万葉集」の初の口語訳『口訳万葉集』の「はじめに」を記しています。

それまでの「万葉集」は原文の万葉仮名(漢字で表した仮名)に平仮名で訓が付けられたものでは、一般の人が通読するのが難しかったようです。折口は国学院大学国文科卒業後、大阪府立今宮中学の嘱託教員として2年半(明治44年〜大正3年。24歳〜27歳)教壇に立ちますが、その時の教え子たちを念頭において彼らが通読できるようにと訳していきました。この本によって「万葉集」は広く読まれるようになります。

18年来の友の武田祐吉の勧めによって訳し始め、「万葉集」中の4516首を3ヶ月間ほどで完訳。90日として1日50手ほどになります。手元に原文と読み下し文だけを置き、朝の9時から夜の10時まで、折口が「漢字仮名交じり文」「口語訳」「註釈」をすらすらと口にすると、国学院大学の同窓の小原準三、羽田春埜、土持栄夫がリレーでそれを書き取っていったとか。『口訳万葉集』は折口の最初の著書ですが、この口述筆記のスタイルは晩年まで続くようです。筆記の速度が思考の速度に追いつかないじれったさがあったようなのです。ともあれ、まだ20代ですから、すごいヤツです。

------------------------------------------------------

「万葉集」は、現存する最古の歌集で、長歌265首、旋頭歌62首、短歌4207首、連歌1首、仏足石歌1首、漢詩4首、漢文22編から成ります。天平宝字3年(759年。奈良時代)までのおよそ300年間に詠まれた歌が含まれ、作者は天皇や貴族や有名歌人から防人や庶民にいたるまで様々で、また作者不詳や人々に共有されていた歌(東歌など)も多く採られ、その後の勅撰和歌集などに比べて極めて多様性に富み、それが第一の特徴のようです。いくつかの先行歌集を長期間にわたって編纂し、最終編纂者は大伴家持(718?-785)の可能性が高いとされます。仮名のない時代なので全て漢字で書かれており、その用い方が複雑で、表意文字(例えば、「我」を「われ」と読ませる)として扱っている場合もあれば、表音文字(例えば、「名津蚊為」を「なつかし(懐かし)と読ませる」。全く意味から離れて使用される場合「万葉仮名」と呼ぶ)として扱っている場合もあり、また遊戯的な表記(例えば、「八十一」を「くく」と読ませる)なども混在していて、解読は現在にいたるまで試行錯誤を繰り返されているようです。

「万葉集」は、従来の歌謡や説話のエッセンスを継承しつつ、短歌というより少ない文字数での緊密な表現に成功しており、「日本における文学形態の最初の達成」(五味)と評されます。

------------------------------------------------------

折口が実際にどう訳したか、当地(東京都大田区)に関わりがあるとされる歌で見ていきましょう。

12巻の3192番目の歌の原文は

草蔭之 荒藺あらい 之埼乃 笠嶋乎 見乍可君之 山道超良無

ですが、それを折口は次のような「漢字仮名交じり文」にして、

くさかげの荒井ノ崎の、
笠島を見つゝか、
君がみ坂越ゆらむ

それをさらに下のように口語訳しています。

荒井の崎の近くにある、
笠島の景色を眺めながら、
今頃いとしい方は、
箱根の坂を越えて居られることであらう。

冒頭の「くさかげの」が省かれているのは、「あら」や「あの」などの「あ」にかかる枕詞との解釈なのでしょう。また、「君」を「いとしい方」、「山道」を「み坂→箱根の坂」と敷衍ふえん して分かりやすくしてますね。「君」というと今では、上司が部下に向って「おい、君、君」をいばって使われることが多いですが、この頃は思いを寄せる相手にしか使わなかったのでしょう。詠み人がことさら「山道」というのはそこが難所だからでしょう。折口は「山道」を「やまじ」ではなく「みさか」と読み、神が支配する急な坂、そこを通過する人が神にお祈りしたくなるような危険な箇所で、ならば箱根だろうと膨らませています。「いとしい方」が今頃その危ない箇所を越えようとしていると祈るような気持でこの歌を詠んだのだろうと。そういった緊張感の読み取り(それも一つの解釈ではありますが)を口語訳で助けています。

この歌が当地に関わりがあるとするのは、「荒藺之埼」(荒井の崎)が、「木原山丘陵部の東端」とする説(林 述斎じゅっさいらが主張)が江戸時代よりあるからです。「木原家文書」の「荒藺崎権現の由来」の項では、現在、熊野神社(東京都大田区山王三丁目43-11 map→)が建つあたりが描写されており、また、天祖神社(東京都大田区山王二丁目 8-1 map→)からの眺望を表現したとみられる「八景」(歌川広重の絵の題名だそうだ。絵は現存しない)のひとつには「 笠島●● の夜雨」の一節があります。どちらにせよ多摩川が丘陵を削り取ってできたとされる「国分寺崖線」(「ハケ」とも。 八景坂はっけいざかの語源とも)上から江戸湾(東京湾)の方を眺めたという点で一致。

後のこととなりますが、折口は、昭和3年(41歳)から上の段で紹介した天祖神社から近い(歩いて10〜15分ほど?) 出石いづるいし の借家(東京都品川区西大井三丁目 8 map→)に転居、没するまで住みます。

熊野神社から海の方を見る。埋め立てられて海は遠くなり、建物が遮って「笠嶋」(笠島。磐井神社あたりとする説あり)方面はもう望めない 「大森八景」の第一句目が「笠島の夜雨」。天祖神社の階段左手の石碑の裏面に刻まれている。「八景」の句の下部が埋もれてしまっていた
熊野神社から海の方を見る。埋め立てられて海は遠くなり、建物が遮って「笠嶋」(笠島。磐井神社あたりとする説あり)方面はもう望めない 「大森八景」の第一句目が「笠島の夜雨」。天祖神社の階段左手の石碑の裏面に刻まれている。「八景」の句の下部が埋もれてしまっていた

 

折口信夫『口訳万葉集(上) (岩波現代文庫)』 『万葉集事典 (講談社文庫)』。編集:中西 進。「万葉集」に出てくる人名、地名、動植物などを解説。年表、万葉仮名一覧、初句索引なども
折口信夫『口訳万葉集(上) (岩波現代文庫)』 『万葉集事典 (講談社文庫)』。編集:中西 進。「万葉集」に出てくる人名、地名、動植物などを解説。年表、万葉仮名一覧、初句索引なども

■ 参考文献:
●『折口信夫(新潮日本文学アルバム)』(昭和60年発行)P.33-39、P.66-67、P.106-107 ●『折口信夫全集 第四巻』(中央公論社 昭和29年初版発行 昭和57年発行三版参照)P.3-10 ●『新潮 日本文学小辞典』(昭和43年初版発行 昭和51年6刷参照) ※「万葉集」の項(五味智英)P.1084-1088 ●「旺文社 古語辞典(新版)」(昭和35年初版発行 昭和58年発行の重版を参照)P.381、P.1080 ※「くさかげの」「御坂」の項  ●『大田区の史跡散歩(東京史跡ガイド11)』(新倉善之 学生社 昭和53年発行) P.9-10、P.16-17 ●『大田区史年表』(監修:新倉善之 東京都大田区 昭和54年発行)P.27  ●パンフレット「荒藺崎熊野神社の御由緒」(荒藺崎熊野神社) ●天祖神社境内の立て看板「天祖神社の境内にある2つの石碑について」

■ 参考サイト:
・ ウィキペディア/●万葉集(平成30年8月1日更新版)→ ●奈良時代(平成30年7月20日更新版)→ ●万葉仮名(平成29年8月15日更新版)→

WIKISOURCE/万葉集/第十二巻→

悠々人の日本写真紀行/足柄峠・矢倉岳→

※当ページの最終修正年月日
2018.8.29

この頁の頭に戻る