吉村鉄太郎

吉村鉄太郎

よしむら・てつたろう。明治33年東京生まれの銀行マン・文芸評論家。片山広子の長男。本名は片山達吉。妹は作家の宗瑛。東大法科卒業後、父親(日本銀行理事・片山貞治郎)の影響からか川崎第百銀行に就職。堀辰雄神西清川端康成らと交流し「文學」の創刊に参加。文芸評論を発表する。「文學」の発行元の第一書房の立て直しに奔走中の昭和20年(45歳)、馬込文学圏の自宅(南馬込四丁目)で、持病の心臓病で急逝。参考サイト:BOOK倶楽部/『物語の娘』→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:新潮日本文学アルバム『堀辰雄』(新潮社)

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→