清浦奎吾

清浦奎吾

きようら・けいご。嘉永3年(1850年)熊本県山鹿市生まれの政治家。寺の5男だったが反対を押し切って咸宜園に学ぶ。上京し司法省で保安条例制定に尽力。著書『治罪法講義随聴随筆』が広く警察官に読まれた。山県有朋の推挙もあり、内務省警保局長、司法相を経て、第23代内閣総理大臣に。政党を排除して全閣僚を貴族院議員から選び、多方面から批判され約5ヶ月で総辞職する。晩年は青少年事業に携わる。馬込文学圏(山王二丁目)に邸宅があった。昭和17年(92歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/清浦奎吾→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/清浦奎吾(平成28年1月1日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→