江戸川乱歩

江戸川乱歩

えどがわ・らんぽ。明治27年三重県名張町生まれ。母親の読み聴かせで探偵小説に接し、中学の頃は黒岩涙香などを耽読した。早稲田大学経済学部卒業後、『二銭銅貨』でデビュー。以後、探偵小説、少年愛・少女愛・サディズム・グロテスクを扱った小説、少年小説などで人気を博する。戦後、探偵小説誌「宝石」の編集、日本探偵作家クラブの創設に尽力した。昭和40年(70歳)、死去する。参考サイト:ウィキペディア/江戸川乱歩→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/江戸川乱歩(平成26年3月18日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→